カニ キトサン

カニなどの甲羅にはキトサンが含まれています。これはキチン質といって水に溶ける事はありません。しかし酸などを使って高分子不溶性キトサンを低分子化する事に成功しました。低分子化させると体内での吸収率が高くなり効率が良くなります。キチン・キトサンにはコレステロールの吸収抑制や調整、発ガン物質や放射性物質の除去、細胞の活性化、免疫力や自然治癒力の増強、代謝の促進や血糖値の上昇を抑える働きなどがあります。またカルシウムの吸収を促進させて骨粗しょう症を改善したり、貧血や腎機能の改善、整腸消化促進や便秘の改善などの効果もあります。高分子不溶性キトサンには腸内環境の整備やコレステロールの吸収排出などの効果がありますが、高分子の為に体内での吸収率は3%から4%と低くなります。反対に低分子水溶性キトサンは免疫力の強化やガンの転移を抑える、などの働きがあり体内での吸収率が高いのですが、有害物質の排出や食物繊維としての働きはありません。
 
わけあり食品通販